1. TOP
  2. FxMag
  3. FX実戦レポート
  4. 2016年05月19日(木)

2016年05月19日(木)

2016年5月19日(木)

本日のFXトレーディングの作戦立案します。
まずは、トレンド分析から。
日本時間の未明に米FOMCの議事録が公表されて、米経済が順調なら6月の利上げが全員一致で検討されるという内容が市場に伝わると、ドル買い、円売りが加速し、日本時間02:45 にドル円が109.563円から110.016円と一気に45銭上昇し、110円台に突入すると、ニューヨーク市場終値の05:00には 110.256と69銭も大幅に上昇し3週間振りに高値となりました。

20160519_01
それを受けて、
◆日足チャート
昨年11月から下落トレンド継続中ながら、ドル円が110円に突入したことで、チャネルラインの上限に到達。ボリンジャーバンドは+1αが射程距離に。5日移動平均線が25日移動平均線を上にクロスしゴールデンクロスを形成。為替レートも5日移動平均線の上に位置している。ストキャスティクスは47、RSIは55とまだ過熱感の売りシグナルは発生していない。6月の米金利利上げの思惑からさらにドル円が上昇する気配がある。

◆1時間足チャート
5月10日からのレンジ相場が継続しているが、110円に突入したことで、チャネルラインの上限に到達している。ボリンジャーバンドも+2αを突き抜けてミニ上昇トレンドが発生している。ストキャスティクスは80以上に張り付き、現在は90、RSIは66と過熱感が出ているが、レンジ相場から上昇トレンド相場へ変わる時は、オシレーター系は上限に張り付いた状態になるので、単純に売りシグナルと判断してはだめだ。
◆15分足チャート
MACDは、午前6時頃には、シグナルとのクロスで売りシグナルが発生している。ストキャスティクスもRSIも上限に張り付いた状態だが、レンジ相場から上昇トレンドへ移行している可能性があるので、注意。

◆本日のレジスタンス&サポート
第4レジスタンス:110.60-65円(4/6高値)
第3レジスタンス:110.50-55円(+1α上限)
第2レジスタンス:110.35-40円(先行スパン)
第1レジスタンス:110.25-30円(前日高値圏&3/4戻し)

第1サポート:109.85-90円(60分足転換線)
第2サポート:109.60-65円(5/17高値圏&60分足20本基準線)
第3サポート:109.50-55円(2時安値圏)
第4サポート:109.30-35円(20時安値圏)

◆本日の重要経済指標発表時間
8:50 国内機械受注⇒予想以上
13:30 国内全産業活動指数
15:00 工作機械受注
17:00 欧州経常収支
17:30 英国小売高指数
20:30 欧州中央銀行議事録公表
21:30 米国新規失業保険申請件数
21:30 米国フィラデルフィア連銀景況指数
21:30 米国シカゴ連銀全米景況指数

◆NYダウ :17526.6    -3.36 (-0.02%)
◆ナスダック:4739.12    +23.39  (+0.5%)
◆S&P500:2047.63  +0.42(+0.02%)

★ドル円は上昇か下降か どちらに行き易いか?
⇒上昇
上記の分析結果を踏まえると、本日の基本スタンスは、『買い』エントリー。上昇後の一服で下げたところを押し目買いのスタンスで行きます。

◆09:50
銀行の仲値決めのドル円の動き。仲値は09:55ですが、その5分前から上昇し始め、09:58にピークを迎え8銭上昇。しかし、その後は、急落。というのが銀行 仲値決めのいつものパターンです。銀行 仲値を狙うなら、5分前の09:50から買いエントリーし、09:55には、すばやく売抜けるスピードが必要です。
20160519_02

◆9時〜10時のドル円の動き
20160519_03

株式市場が始まる9時〜仲値後10時のドル円相場の動きのパターン。上昇か下降かどちらか1時間ほど継続する。

◆10:25
1分足チャート ストキャスティクスが20以下でクロスの買いシグナル点灯
20160519_04

ストキャスティクスが下降してきていたので、上昇を狙っていたが、5分足チャートのストキャスティクスの20以下でのクロスを待っていたら、急上昇してしまい、乗り遅れてしまった。

◆18:23  買いエントリー(10万ドル)
◆18:43  自動損切り(-5銭) -5100円
<5分足チャート>
ストキャスティクスが20以下に下がって来ていて、クロスの買いシグナルが確認できたので、10万ドル買いエントリー。途中+700円まで利益が乗って来たが、ストキャスティクスの80の売りシグナルまで待っていたら、20分後 続落し、自動損切り。-5100円。スキャルピングの超短期トレードをするなら、5分足チャートでトレンドを確認し、1分足チャートで、売買のタイミングを確認しないと、タイミングに遅れてしまう。
20160519_05

<1分足チャート>
このケースだと、5分足チャートを見ると、下げトレンドだったから、買いから入ってはダメだ。上がってもすぐ下がる。エントリーするなら、売りから入らないと。

20160519_06