1. TOP
  2. FxMag
  3. FX実戦レポート
  4. 2016年05月06日(金)

2016年05月06日(金)

2016年5月6日(金) 本日のFXトレーディング実況中継

日本はゴールデンウィーク中の金曜日ということですが、東京市場はオープンしています。本日(日本時間21時30分)の米雇用統計発表を控えて、ドル円は様子見の持ち合い相場が予想されます。
今日のトレーディング作戦としては、
・金曜日なのでドル買い需要(円安ドル高)
・9時55分の銀行仲値のドル買い需要(円安ドル高)
・ロンドン市場(16時〜)オープン後の動き
・ニューヨーク市場(21時〜):雇用統計発表(21時30分)後の動き

を中心に仕掛けていきます。

■9:50  107.290⇒9:54 107.380 +9銭まで上昇。その後急落し、下降トレンドへ。
<ドル/円  1分足チャート>

2016-05-06-19.53.09
<ドル/円  1分足チャート>
18:36  106.883  買い1万ドル
18:42  106.915  利益確定 1万ドル  +¥320

米雇用統計前の保ち合い相場だったので、1分足と5分足が底値シグナルを待って買いエントリー。BB中心付近で跳ね返される事を予想し、利確。+320。予想通り。

 

2016-05-06-19.55.13

上昇トレンド発生の時は、1分足ではBB上限も突破し続け、ストキャスティクスも80以上に張り付いているので、転換のシグナルはローソクの長い上ヒゲがシグナルになる。5分足のローソク上ヒゲ、ストキャスティクス80からのクロス、RSIの70からの下降が転換シグナル。5分足の転換シグナルがわかり易い。
■1分足チャート
2016-05-06-20.39.15
■5分足チャート
2016-05-06-20.39.29

■21:30

米雇用統計  16万人増だが、予想の20万人増より下ぶれ。米国10年債金利が低下のあと、上昇に転換。ドル円でもドルが小反発
2016-05-06-23.00.59

5月4日発表の4月度ADP雇用統計が、予想19.5万人 結果15.6万人だったから、2日前に米雇用統計の下ぶれを予測できるから、雇用統計発表直前に空売りを仕掛ければ確実に稼げる!