1. TOP
  2. FX
  3. FX 米 ドル円 為替レート予想

FX 米 ドル円 為替レート予想

FX
FX
 
FX@DiscoveryMag

 

ドル円為替相場予測 チェックシート

FXや株の取引で稼ぐために必要なスキルは、たった1つです。それは、今の価格が今後、上がるのか?下がるのか? を予測する能力です。今の価格より上昇するとわかっていれば、<買い>でエントリーすれば稼げますし、今の価格より下降するとわかっていれば、<売り>でエントリーすれば、稼げます。非常にシンプルですね。そして、FXのドル円相場が円安になるのか?円高になるのか? トレンドの上昇、下降に大きく影響を与えるイベントの動向をタイムリーにキャッチすれば、トレンドの方向を予測することができます。 ドル円相場の方向に大きく影響するイベントをまとめました。

ドル円相場

ドル円リアルタイムチャート

米国の為替政策

米国政府の為替に対する方針が、ドル円相場の方向を決定づける最大の要因です。次期大統領候補のヒラリー・クリントンやトランプもドル高是正を掲げてます。現政府のオバマ政権でも、米国経済の成長のために、ドル高を是正しドル安へ誘導する要人発言も目立っています。今年2月に上海で開催されたG20では、ドル高を調整する合意がなされたとの観測が広がっており、実際、2月以降円高トレンドが継続中です。記憶に新しいのは、為替操作の監視対象リストに、中国と並んで、日本も対象国に追加されているなど、米国政府の動きは、最大の懸念要因です。

米国FOMC政策金利の動向

ドル円相場のトレンドを決定づける最重要イベントが、米国の政策金利です。ドルの金利が高くなれば、ドルは、買われ、逆に円は売られます。結果として、円安ドル高のトレンドが発生します。
現在(2016/11時点)のフェデラルファンド(FF)金利誘導目標: 0.25%ー0.50%

■FOMC会合・声明(2016/7/27)
政策金利の据置決定。『経済見通しへの短期的なリスクは後退、労働力の活用が一定の増加を示した』と、具体的な時期には言及しなかったものの、9月以降の利上げの可能性を示唆。
個人消費:『力強く伸びている』
企業設備投資:『軟調な状態が続いてきた』

■FOMC議事録公表(2016/8/17公表)
■要人発言:8/26 カンザスシティー連銀シンポジウムでのイエレン議長講演:年内利上げを示唆
■FOMC会合・声明(2016/9/21)
金利据置き。12月の利上げは否定せず。来年の金利見通しは下方修正。

米国FF金利 市場予想

FF金利の市場予想として最も参考にされる指標が、CME FED WATCHです。CME FED WATCHは、米国シカゴを拠点とする金融商品デリバティブを取引するシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が、配信している利上げの可能性の数値です。コンピュータによる自動更新ツールで配信されており、CMEが取り扱う多くのFF先物商品の金利などの情報を自動収集し、FF金利の市場動向をリアルタイムに確認することができます。
CME FED WATCH TOOL

 

米国長期金利

米国長期金利の指標となるのが、米国10年国債の金利です。長期金利が下がれば、ドルが売られますので、ドル安円高になります。反対に、長期金利が上がれば、ドルが買われますので、ドル高円安になります。

米国10年国債利回り

米国雇用統計

米FRBが政策金利を決める際に、最も重要視している指標が、米国雇用統計です。毎月第1週の金曜日に発表され、米国の非農業部門の雇用者数の統計データとなります。
米国非農業部門雇用者数/失業率
■米国非農業部門雇用者数チャート
■米国失業率チャート

米国ADP雇用統計

米国雇用統計の直前に発表される民間機関の雇用統計データです。このADP雇用統計は、直後に発表される非農業部門雇用者数データを反映しているケースが多いため、ADP雇用統計をチェックすることが、雇用統計発表後の動きに対応するポイントとなります。

米国GDP

米国GDP速報値
米国経済の強弱を測る最も重要な指標が、GDP速報値です。その内容で最も注目すべきが GDPの7割を占める米国個人消費の動向です。

個人消費

中国経済

■中国GDP
FRBが政策金利を決める際に最も重視するのは、米国経済の強さです。そして、米国経済や世界経済に大きな影響を与えるのが、中国の経済成長の強弱です。

 

原油価格

米国経済に大きな影響を与える要因が、原油価格の動向です。その指標が、NYのWTI原油先物価格です。原油価格が下がれば、米国企業の収益が低下する懸念から、NYダウの株価が下がります。NYダウが下がれば、リスクを嫌がる投資家は、ドルに比べて安全な資産と考えられている円を買う動くが活発になり、円高ドル安になります。逆に、原油価格が上がれば、米国企業の収益が拡大する期待から、NYダウが上がり、リスク選考的なドル買いが活発になり、ドル高円安になります。
WTI原油先物価格

NYダウ/ナスダック

米国経済の強弱を測る最もポピュラーな指標が、NYダウ工業平均株価です。NYダウが上がれば、リスク選好的な投資家が増えて、ドル買いの動きが強くなり、円安ドル高の傾向になります。逆に、NYダウが下がれば、リスク回避としてドルを売って円を買う投資家が多くなり、円高ドル安の傾向になります。
NYダウ工業平均

 

シカゴ IMM

前述のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で売買されている通貨先物ポジションの数値で、ヘッジファンドなどの投機的なポジションの最新状況を公表しています。<買い>ポジションが多くなれば、ドル円相場レートは下落し、<売り>ポジションが多くなれば、ドル円相場は上昇する確率が高いとされています。注意点は、金曜日の取引終了後に火曜日時点でのデータが公表される更新頻度になっていますので、タイムラグを考慮する必要があります。
シカゴIMM

イギリスEU離脱後の影響

6/23の英国国民投票で決定した、イギリスのEU離脱は、短期的にはドル円は100円を下抜けて99円台まで下落しました。現在では、EU離脱前のレートに戻していますが、今後は、中長期的なトレンドとして、世界経済に与える様々な影響、リスクを見極める必要があります。
■国際通貨基金(IMF)は、2016/7/19、イギリスEU離脱を考慮した2016,2017の世界経済の成長率予測を0.1ポイントの下方修正としましたが、今後の離脱交渉の内容次第では、さらなる下方修正の余地がありますので、注意する必要があります。

日銀金融政策会合

■次回日程:2016年9月20日(火)〜21日(水)

■過去の内容

日程 内容 発表時刻
2016/9/21 金融政策の転換:量から金利へ/長短金利操作付き量的・質的金融緩和(追加金融緩和なし) 13:18
2016/7/29 追加金融緩和:ETF6兆円購入 12:44
2016/6/16 現状維持(→) 11:45
2016/4/28 (→) 12:01
2016/3/15 (→) 12:35
2016/1/29 マイナス金利付き量的・質的金融緩和 12:38
2015/12/18 量的・質的金融緩和補完 12:50
2015/11/19 (→) 12:17
2015/10/30 (→) 12:22
2015/9/15 (→) 12:07
2015/8/7 (→) 12:18
2015/7/15 (→) 12:18
2015/6/19 (→) 12:04
2015/5/22 (→) 11:49
2015/4/30 (→) 13:04
2015/4/8 (→) 12:36
2015/3/17 (→) 12:04
2015/2/18 (→) 11:49
2015/1/21 貸出増加支援資金供給延長 12:29
2014/12/19 (→) 12:28
2014/11/19 (→) 12:24
2014/10/31 量的緩和拡大(黒田バズーカ) 13:44

日銀金融政策決定会合

ドル円予想レンジ

ドル円リアルタイムチャート

 

トレンド転換のきっかけ

4/28(木) 日銀政策決定会合 現状維持⇒下降(米ドル安円高)方向へ

6/23(木) 英国EU離脱⇒下降(米ドル安円高)方向へ

7/8(金) 米国雇用統計⇒ 上昇(米ドル高円安)方向へ

7/29 (金)  日銀政策決定会合⇒下降(米ドル安円高)方向へ

8/26(金) イエレンFRB議長講演⇒上昇(米ドル高円安)方向へ
9/2(金) 米雇用統計⇒上昇(米ドル高円安)方向へ
9/6(火) 米非製造業ISM⇒下降(米ドル安円高)方向へ

 

ドル円為替レート予想 <>

FX@DiscoveryMag

DMM.com証券【DMM FX】

DMM FXは、FX口座数国内No.1。FX初心者から上級者、幅広く選ばれている一番人気のFX会社です。

SBI 【FX TRADE】

金融業界でも信頼の厚いSBIグループ企業なので、安心感があり人気があります。

GMOクリック証券【FXネオ】

FX口座数40万突破!多くの方に選ばれています。米ドル/円0.3銭、ユーロ/円0.6銭、豪ドル/円0.7銭という業界最小水準の取引コストで人気があります。

この関連記事もよく読まれています。

  • FX初心者の失敗パターン

  • ドル円予想 10/04 米製造業ISM予想以上で101.60台

  • FX初心者が稼ぐためのノウハウ集